最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年7月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

名刺

過払い金とは、字のごとく余分に支払ったものを返してもらうことです。
これまでの借金を決められた通り支払ったのに、余分なお金とはなにかということになりますが、余分なお金とは利息制限法を超えた利息部分の事です。
利息制限法は、貸付金額に応じて15~20%の上限が決められています。
しかし、出資法では上限が29.2%となっているため、利息制限法を超えた金利で貸付を行なう業者が多かったのです。
それが2010年に改正貸金業として貸付金利が15~20%に統一され、過去10年の間に金利20%を超えて払った利息は過払い金として請求できるようになったのです。
利息以上の支払いは元金に充当されますが、余分な利息を支払っていた場合には、元金の減り方も少なかったことになります。
利息が少なくなれば、元金の減りも早く、元金が少なくなれば利息も少なくなることになります。
つまり、余分な利息を支払っていたということは、2重に高い金利を支払っていたことになるのです。
過払い金の請求には、全ての取引を利息制限法に引き直して、請求することが必要ですが、過去の取引の記録がなくても法律事務所で貸金業者に取引履歴を請求し、過払い金請求の手続きを行ってくれます。
過払い金請求の相談は、殆どの法律事務所が無料相談で、着手金や事務手数用はもなく、成功報酬です。
過去苦しみながら支払ったお金が、無料で戻ってくるのです。
まずは、法律事務所へ相談することが取り戻す第一歩です。
過払い金の請求は、リスクが全くありません。
過払い請求をしても信用情報機関に事故として登録されることはありません。

オススメリンク

過払いかも?と思ったら一度専門機関で相談してみましょう!:過払い金請求お助けガイド



弁護士事務所へ

貸金業者から借りたことがあるけど、なんとなく面倒で、家族や会社に知られたら困る、最初に費用がかかるのでは、費用倒れになるのでは、過払い金請求をするとブラックリストに載るのではないかなどと思い、請求や相談することをためらっていませんか。Read more

関連リンク